生活習慣病予防としての運動

糖尿病患者さんは、食事と運動が大事ですよ。と必ず言われると思います。

私も良く言います。

運動は、以前は1万歩歩くことが推奨されていました。

最近は筋トレも良いと言われるようになりました。

 

最近読んだ「ウォーキングの科学」という本には、1万歩には何も根拠がない。

生活習慣病予防としては、あまり役立たないと衝撃の事実?が書かれています。

では、どうすればよいかというとややきつい運動を週に60分以上行うと良いとのことです。

具体的には、早歩き(ややきつい運動)を3分、普通歩き3分を5セット(ここではこれをインターバル速歩と呼んでいます)を、週に4回以上しましょう。と書かれています。

ややきつい運動の定義は、最高酸素消費量の70%以上の負荷ということになっています。

中高年では早歩きで良いとのことですが、体力のある人はジョギングなどの方が良いとも書かれています。

これらの運動を5か月続けることで、体力の向上、生活習慣病の改善、気分障害の改善、睡眠の質の改善、認知機能の改善、関節痛の改善、骨粗しょう症の改善などが得られたとデータとともに紹介されています。すごいですね!!

そもそもこの本の著者は、信州大学の教授だった方でそれなりに信憑性は高いと思われます。

 

いままでやっていた1万歩が全く無意味ということではない(その分のカロリーは消費しているので)ですが、生活習慣病予防の観点では、歩数が少なくてももっと負荷をかけた方が良いようです。

 

私も、自転車通勤の時はちょっと息切れするくらいに漕いでみようと思っています。頑張りすぎると、息が切れて仕事が普通にこなせるまで少し時間がかかってしまうので、適度に負荷をかけるのが良いと思われます。

みなさまも、運動時にはちょっと負荷をかけることを意識してみてはいかがでしょうか。

 

内視鏡AI

本日、「世界に挑戦する日本の内視鏡AI」という演題の講演を聞いてきました。

演者は株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEOで、ただともひろ胃腸科肛門科 理事長の多田智弘先生です。

 

同世代の先生が、一つのクリニックの院長にとどまらず、世界を股にかけて活躍しているのを間近に感じて、大いに刺激を受けました。

一方、100億円を調達しているとか、日本を背負っているというような話を聞くと、相当なプレッシャーがあるのだろうと思われ、自分には無理だなと思いました。

英語の論文もたくさん書いて、世界でも講演して、ということも私にはとてもできないので器が違います。

 

ただ、会社の方が忙しく、理事長をしているクリニックで働いている時間がかなり少なくなっているそうなので、私は患者さんと向き合って仕事をしている方が良いなと感じました。

 

内視鏡AIは、まだまだこれからの分野ですが、いずれ普及するのは間違いないです。その時、勝ち組になれるのか、海外勢にやられてしまうのか。多田先生の肩にかかっている部分も大いにあるので、本当に頑張ってほしいと思います。応援しています。

 

書評「汝、星のごとく」

「汝、星のごとく」 凪良ゆう著を読みました。

良かったので、紹介したいと思います。

なお、こちらの作品は直木賞にノミネートされています。発表は1月19日ということですが、ひそかにこの作品が受賞するのではないかと思っています。

 

一言でいうと、切ないラブストーリーです。

ですが、ただ切ないだけではなく、周囲のどうにもならない状況にはじめは流されつつ、次第に自分の意志でもって、人生を切り開いていくお話なので、自分も前向きに頑張ろうと思えます。

他人からどうこう言われたり、他人の目を気にしたりせず、「自分の人生を生きる」ことが大事なんだと教えてくれています。

ヤングケアラーやLGBTQについても考えさせられます。

 

登場人物の一人が胃がん→腹膜播種になってしまうのですが、医者の視点から見ると、年齢的にもあり得るだろうと思いますし、この年齢で胃がんであれば、分化型癌ではなく未分化型癌だろうと推測され、肝転移ではなく腹膜播種になるというのも妥当と思いました。

医者の視点は無視していただいても、この小説は読む価値があると思います。お勧めです。

あけましておめでとうございます

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、みなさまはどのように年末年始を過ごされましたか。

私は、あまりなにもしなかったな。という感じです。

年末に、在宅で診ていた患者さんを看取ったり、1月3日は夜間休日診療所でお仕事をしたりしましたが、あとはのんびり過ごしました。

 

年末に買ってあった「海街ダイアリー」という漫画を全9巻読破しました。

そのうち、クリニックにも置くと思いますので、興味があれば手に取ってみてください。

「海街ダイアリー」は、アマゾンプライムビデオで先に映画を観て、良いなと思って漫画も購入しました。

原作の漫画も映画も両方良いです。

鎌倉の良さは、映画の方が伝わってくるかもしれません。

俳優さんも豪華です。

 

原作をみてから映画を観るとがっかりすることもあると思いますが、これは両方とも良い感じです。(もしかしたら、映画を先に観たからそう思うのかもしれませんが)

どちらもお勧めです。

 

今年1年を振り返って、印象に残った本と映画について

みなさま、今年1年を振り返る時期になりました。
今日は、今年1年で読んでい印象に残った本と観た映画を書いてみたいと思います。
本は、「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」と「LIFE SPAN 老いなき世界」です。
2冊とも人生100年時代について書かれています。
前者は統計をもとに人は100年生きる時代が来るだろうとし、その人生100年時代にどう生きるか、ということが書かれています。
後者は、現代の医学の進歩により、100年を超える人生があり得る。という内容です。主に最新のテクノロジーにスポットをあてて書かれています。また、どうすれば長生きできるかということも書かれています。
いずれにせよ、本当に人生100年時代が到来するかもしれない、そうだとしたらどう生きるかということを考えさせられます。

ちなみに、映画は主にアマゾンプライムビデオで観ているので、映画館に行って最新作を見ているわけではないです。
そのなかで、「グリーンブック」と「きっとうまくいく」が良かったです。
「グリーンブック」は人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマです。
「きっとうまくいく」は2009年製作のインド映画です。インド映画にお決まりの踊りもあるのですが、それだけでなく、人生の教訓をたくさん含んでいて、笑いあり、涙あり、終わりも良くて楽しめます。

もしお時間があれば、読んだり観たりしてみてください。

受付の透明ビニールシートを交換しました

コロナ流行後にクリニックのビニールシートを設置したものが、破けていて見苦しいので交換しました。

パッと見ではわからないかもしれませんが、よく見ると

破れています。

どうしても小窓を作るためにはさみで切りぬいたところが破けてしまうようです。

今回の交換は3回目だったかと思います。

というわけで、今回はビニールシートを全体的に上に持ち上げ、切り抜かないことにしました。

この方がすっきりもしていますし、裂けにくいと思います。

早く、このようなビニールシートを使わなくても良くなる日が来てほしいと願っています。

収納棚設置

内視鏡室の奥の階段下にちょっと物がおけるスペースがあります。

ここに、収納棚を設置しました。

まずは、棚柱というのを4本壁に取り付けます。

棚柱はアマゾンでも売っていますが、私はジョイフル本田で購入しました。

棚柱につける棚受けは、以前購入していたものを使いました。

もともと、クリニックを建てた時に3か所棚柱がついていたので、棚を増やすため以前買っていたものがありました。

ここに合わせて切った板を置きます。

完成!

今回はヒノキの板を使ったので、内視鏡室に入ると少しホノキの良い香りがします。

簡単そうに見えると思いますが、実は以外に大変でした。

一応、壁をたたいて取り付け箇所の奥に木材が入っていると思ったのですが、入っておらず石膏ボードでした。

石膏ボードでも取り付けられるボードアンカーなるものを急遽アマゾンで購入して壁に埋め込んでその上からねじで固定しました。

説明では、3㎜程度の穴をあけてドライバーで押し込むと書かれていましたが、なかなかうまく入っていきません。

破損した、ボードアンカーです。

結局5㎜の穴を開けたらうまくいきました。

大変でしたが、結構便利ですね。

やって良かったです。

スタッフにも喜んでもらいました。