52ヘルツのくじらたち

今日は久しぶりの読書感想文で、「52ヘルツのくじらたち」を紹介します。

本屋大賞をとった小説なので、知っている人や読んだ人も多いと思います。

アマゾンの書き込みでは、賛否両論があって買うのに躊躇したのですが、結論から言うと買って読んで良かったです。

テーマは虐待、DV、LGBT、友情、愛情など多岐にわたっており、いろいろ考えさせられます。

TVで虐待のニュースなどが流れると、本当にやるせない、悲しい気持ちになりますが、ニュースになるのは、氷山の一角なのだろうと思います。

LGBTは、割と身近な問題でもあり、性別に関係なく1人の人間として接しているつもりです。

ただ、カルテには性別を記載する欄があって、戸籍上も性別を変更している人は良いと思いますが、変更していない人だと来院した時に嫌な気持ちになるかもしれないと思います。

血液データでは、男性と女性で基準値が異なるものもあり、仕方がない側面もありますが、このままで良いのかなと思います。

結構、途中は辛い場面もありますが、最後には希望が見えるというか、読んで良かったなと思えますので、興味がある方は手に取ってみて下さい。

涙もろい人は、人前で読まない方が良いと思います。

新型コロナウイルスワクチン3

前回、予約が入りにくいことに対して枠を増やせないかスタッフと相談すると記載しました。

スタッフと相談し、今まで1日18人だった予約枠を30人に増やすことにしました。

5月分はもう変更がきかないとのことで、6月分から増やします。

先週金曜日に連絡して、一部増えているのですが、完全には増えていません。

コールセンターに何度も連絡していますが、改善されていません。

忙しそうでちょっと躊躇をしたのですが、結局保健所に直接連絡を取り対応してもらうことになっています。

しばし、お待ち下さい。

6月14日の週からは増やした枠になっています。

 

前回も記載したのですが、ワクチン接種を増やした弊害として、一般の患者さんの待ち時間が増えることと、待合室が込むことが予想されます。

ワクチン接種が大事であるということ、ご自身も当院で接種出来る可能性が高まることなどを考えていただき、このあたりを寛大な気持ちで対応していただけることを願っております。

 

当院では、かかりつけの患者さんの接種でいっぱいいっぱいです。かかりつけでない患者さんはかかりつけのクリニックで接種していただくか、集団接種を選んでいただくようお願いします。

 

それから、コールセンターの電話はかなりつながりにくい状態のようです。

お子さんやお孫さんに手伝ってもらって、ネットからの予約をお勧めします。

なお、クリニックに連絡をいただいても予約をすることはできません。

ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

新型コロナウイルスワクチン2

昨日接種して、本日は接種部位が痛いです。

でも、腕を動かす時や押したりすると痛いのですが、何もしていない時は痛くはない程度です。

しかも夜になって、痛みは軽減してきました。

 

それから、高齢者のワクチン接種の予約が始まりました。と昨日書いたのですが、本日予約枠が埋まってしまい、もう予約が入らないになってしまったようです。

申し訳ありません。

GWが開けたら、もう少し枠を増やせないかスタッフと相談してみます。

個人的には、ワクチンを多くの人に接種することはとても重要なことなので、開業医はなんとしてもそこを頑張る必要があると思っています。

 

接種の人数を増やした場合の懸念することは、2つです。

1つ目は、待合室が混んでしまうことです。

敷地内であれば、車で様子を見ても良いとのことですが、当院では接種後15分は原則として院内で経過観察の方針としています。

そのため、接種者が増えると、待合が混雑することが予想されます。

2つ目は、診察までの待ち時間が増える懸念があります。

ワクチン接種者がいれば、その分の時間がかかるので、待ち時間が増えてしまうかもしれません。

ただ、問診の時間はそこまでかからなそうなのと、接種は原則として看護師さんにお願いしていますので、そこまで待ち時間が増えることはないかもしれません。

当院のかかりつけの患者さんが、混乱せず当院で接種できるよう努力したいと思います。(確約はできませんが)

 

新型コロナウイルスワクチン

新型コロナウイルスワクチン接種の順番がようやく回ってきました。

 

宇都宮では、病院関係者の接種が優先され(当然のことですが)、また割り当てが少ないこともあり、ようやく4月27日からクリニック関係者の接種が始まりました。

2回目接種の翌日は、発熱、頭痛、倦怠感などの症状が出やすく仕事に差し障りがある場合があるとの情報を得ていたので、私も含め当院スタッフの多くは本日(5月1日土曜日)に1回目の接種をしました。

4月28日接種したスタッフは、3週後の5月19日に2回目の接種となりますが、翌日は元々休みか有給休暇をとって休みにして、全てのスタッフが2回目接種の翌日は働かないですむようにしました。

 

1回目接種の感想ですが、接種自体はあまり痛くなくて、インフルエンザワクチンよりも痛みは少ないくらいでした。

夜になって、接種した周囲の筋肉が痛んできたような気がしますが、今のところそこまで辛くないです。

 

宇都宮の80歳以上のコロナワクチン接種の予約が本日から始まりました。

早速「予約しましたので、よろしくお願いします。」と本日の診療中にも言われました。家族がスマホから申し込んだようです。

電話より、スマホからの方が取りやすそうです。

 

 

外壁工事が始まりました

4/24から外壁工事が始まりました。

現時点で、5/22までの予定です。

 

f:id:penguin007:20210426074540j:plain

 

あれ!やっていないのかな?と思うかもしれませんが、通常通り診療しています。

GWは暦通りです。

よろしくお願いします。

 

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品について

薬は、新発売から一定期間を過ぎると後発品メーカーから同じ成分で値段が安い薬が発売されます。
これをジェネリック医薬品と言います。
ジェネリック医薬品は、先発品とほぼ同じと考えていいと思っています。
私自身も、自分が内服しようとしている薬にジェネリック医薬品があればそちらを選ぶと思います。
ただ、全く同じではありません。
効果のある成分と量は同じことになっていますが、それを固めている成分はそれぞれの後発品メーカーに任されています。
そうすると、身体への吸収の仕方は多少の違いがあり得るということになります。

固めている成分に対するアレルギーの問題で、ジェネリック医薬品だと調子が悪いということもあり得ます。


これも例外があります。
オーソライズジェネリックというのは、同じ製法で全く同じに作られています。
先発品メーカーの子会社から発売される場合が多いですが、先発品メーカーが出してしまうこともあるように思います。
工場も同じだったりします。
ですので、オーソライズジェネリックは全く同じと考えて良いです。
隣の薬局でも、オーソライズジェネリックが発売されたら、そちらを採用して頂き、切り替えるようにしています。


基本的には先発品とジェネリックの両方を在庫してもらっていますが、オーソライズジェネリックの場合は先発品からの切り替えにしています。
薬局でも、たくさんの在庫を抱えるのは負担になると思ってそうしています。

 

今回、患者さんの1人がオーソライズジェネリックではなく先発品を使いたいとのことで、薬局でトラブルになってしまいました。
我々はオーソライズジェネリックと先発品は全く同じとの感覚がありますが、患者の立場から言うと信頼性という面で全く同じではなかったのかなと思いました。
今後は、患者さんの意向を確認してから先発品のストックを中止してもらうのが良いかもしれません。

 

小林化工と日医工の不祥事があったので、今は特にジェネリックへ不信感が強いのかなと思います。
小林化工の問題で、現在小林化工の製品が供給停止になっています。
このとばっちりが、実は当院をはじめ内視鏡を行っている医療機関に及んでいます。
経鼻内視鏡大腸内視鏡で使うキシロカインゼリーという製品が品薄になってしまい、なかなか手に入らなくなってしまいました。
小林化工はキシロカインゼリーのジェネリックを作っていたのですが、その供給が止まり、キシロカインゼリーの需要が増えてしまったためです。
当院はもともとキシロカインゼリーの方を使っていたのですが、なかなか入ってこないので困っています。


ジェネリックメーカーとはいえ、大事な薬を作っているということにかわりは無いので、しっかりして欲しいと切に願います。

理系と文系

最近、高校生の患者さんで理系にするか文系にするかで悩んでいた。との話を聞きました。
それがストレスになって、ちょっと体調が悪かったようです。

王道の決め方としては、なりたい職業があって、学部を決めて、理系か文系かを決めるのが良いと思います。
悩んでいたということは、そのあたりがはっきりしていないのでしょう。
次の考え方としては、数学が好きか、嫌いかで決めるというのもあります。
その方は、数学は好きだけど国語も好きらしく、悩んだようです。
最後の考え方としては、迷ったらとりあえず理系にする。というのもあります。
あとから、文系から理系にするのはかなり難しく、理系から文系にするのはそこまで難しくない。ということだと思います。
実際、文系に変える(文転する)人はいましたよね。
受診の少し前に理系に決めたらしいので、特にアドバイスをするわけでもなかったのですが。

振り返ってみると、私はそのあたりで悩んだ記憶はありません。
高校生になったあたりには、医学部に行きたいと思っていましたし、どう考えても理系の人間だからです。
理系の人の特徴として、「数字が好き」「数字の比較が好き」ということがあるのかなと思います。
私は、数字好きですね。

信号待ちの車の中で、みなさん何を考えていますか。
私は、前の車のナンバーの4桁の数字を使って、四則演算で10にする。ということを良くします。
例えば、1234というナンバーだったとすると、
1+2+3+4=10ですし、
3×4ー1×2=10ですし、
3×2×1+4=10ですし、
2×4+1-3=10です。
他にもあると思いますが、そういうことを考えて頭の体操をしたりします。

車も、何馬力とかトルクがどうとか、数字を見ちゃいますよね。
そして、この車とその車で比較してみたりします。
まあ、これはもう性分ですので、しょうがないですね。

みなさんは、どうですか?